Jildinが実現する世界

9:1

9:1。これがなんの比率か、皆さんは御存知でしょうか。

これは、江戸時代の貴族や武士と農民や承認の比率であったとされています。もちろん、貴族や武士が1割でした。武士や貴族は生きるための労働はしていませんでした。その代わり、武士道といった、自分のやりたいこと、自分の生きたい生き方をしていました。

逆説的に、貴族や武士が「自分らしい」生き方が可能であったのは、9割の農民の下支えがあったからと言い換えることが出来ます。

Jildinは、この考え方をITを用いて現代に応用したいと考えています。つまり、武士や貴族が現代の我々、残りの9割の労働をITで代替するのです。ITが生きるための労働を担う世界が実現することで、人は無理にやりたくない仕事を続けたり、仕事自体に疲弊することもなくなります。

一説によると、古代ギリシアでは貴族の比率が30~40%であったともされています。我々が実現したい世界は、9割の仕事置換を待つまでもなく、実現できてしまうのです。生きたいように生きることが出来る世界は、すぐそこまで来ています。

企業情報